スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

A PASSION FOR SUCCESS

2005.10.15 (Sat)
久しぶりに読んだ本の感想っす。

今日のオススメはこちら!
4569575064成功への情熱―PASSION
稲盛 和夫

PHP研究所 2001-01
売り上げランキング : 1,255
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

作者はある種の人々の間ではかなり有名人の稲盛和夫さん。
え、知らない?
稲盛さんは京セラの創業者だYO。

人に進められて読んだ本だけど、
自己啓発にはもってこいの一冊。

さぁ、充実感に満ち足りた人生を送りたいなら読むしかないぜっ。

【More・・・】

色々ためになることが本に書いてあるけど、
自分が一番感銘を受けたのは

「夢とビジョンの違い」について。


仕事でも自己成長でも同じだけど
ああなりたい、こんな風になったらいいのにとか
将来はこんな感じにしたいなぁって
漠然と思うようなことあるでしょ。


そんな成し遂げたい夢、「理想」は
結構、自分の中にあったりするもの。



でも、その夢を追求しつづけると、その夢はどんどん
鮮明になって細かいところまでわかるようになる。
ついにはカラーで見えるようになる。

それがビジョンなのだそうだ。

その鮮明なビジョンを情熱を持って追いつづけたからこそ
成功してきたとも言っている。

いつもそんなビジョンが見えているから
一つや二つ失敗した位じゃ、くじけないし、
むしろ他のルートでそのビジョンに到達しようと
躍起になれるらしい。


やっぱり、ぼんやり描いた夢のままじゃ、

本当に夢のままで終わっちゃうんだね。



それとこの本で稲盛さんは

時代がどのように変わろうとも人間の本質は変わらない。必要なことは人間としてもっとも基本的な倫理、哲学を真剣に探求することであり、その中で自己の存在意識を確認し、自らの人生の指針としての哲学を確立することである。


って言っている。

他の本にもあったけど自分なりの倫理観、哲学をもっていれば
会社で自分のポジションが高くなったときでも
いつまでも謙虚でありつづけたり、
横領や賄賂といった醜い誘惑に負けたり、自分を誤魔化し続けるような
こにはならないらしい。

そんなきちんとした哲学が企業にあって社員が自分の倫理観を
しっかりともっているような会社っていいかもしれないな。

就活で企業研究するときは
そこらへんもしっかりチェックするようにしよっと。
スポンサーサイト
【編集】 |  18:48 |  フォトリーディング  | トラックバック(0) | コメント(5) | Top↑

コメント

「夢とビジョンの違い」・・・なるほど~
Never give up! ですね。
自分なりの倫理観、哲学・・ん~~?
主婦業○○年で得たものは、バランスを見ながらタイミングを測って突破!かな? って、何のことやら・・・ちょっと自分をごまかしてるところもあるかも。
HALさんにはどんな人生観があるんでしょう?
道子 |  2005.10.15(土) 22:04 | URL | 【コメント編集】
意外といいタイミングをつかむのって難しいですよー。
自分なんかいつもタイミング悪くて
グダグダになったりしますから(笑

そしてそんな自分のような若造には
まだまだ自分哲学と呼べるものはないっす。

これから就活とかも通じて学んできたいと思ってるところっす。
HAL |  2005.10.18(火) 01:23 | URL | 【コメント編集】
初めまして☆

夢とビジョンかぁ。

なるほど。

やっぱり行動しなきゃダメですね!
ぞえ |  2005.10.20(木) 01:07 | URL | 【コメント編集】
>自分なりの倫理観、哲学をもっていれば
確かに、自分なりの哲学のある人ってどんな会社でもいいですよね?
それに向かって日々邁進していくことがすべの事に繋がっていくよ…

って事をこの前OBが来て話してました!
こんな事言える男になりたいですよ!!
d@i |  2005.10.22(土) 01:48 | URL | 【コメント編集】
d@iさんコメントサンクスです

さらっとそういうことを言えるって
カッコイイっすねー。
自分もそんなかっこいい人になりたいなー。
HAL |  2005.10.22(土) 12:31 | URL | 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。