スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

上司の哲学

2005.08.28 (Sun)
就活前にはコレを読みなさいシリーズ第2弾!!
第一弾を見てない人はコッチ。→「部下の哲学」

まだ就職してないのに何でいきなり上司なんだよー。
入社したらまず部下からスタートに決まってるじゃん。

って思ったソコのあなた!!


あま~い!

小沢さん甘いよー、甘すぎるよぉ。(スピードワゴン風w

上司の視点をも理解してこそ一人前の部下なのだ。

【More・・・】

もちろん中には
松下幸之助ってこんな凄い人だったのかーと
「へぇー」的に読む部分も多いけど
じっくり読んでいくと
上司の一つ一つの行動の理由が見えてくる。

・何で上司は知っていることのほんの一部しか部下に伝えないのか?
 1から10まで仕事内容をしっかり伝えれば
  部下は完璧にできるはずなのにどうしてそうしないのか?

・上司がちょっとした話や雑談の際に、
 ふと自分の考え方や持っているビジョンを少し話してくれる。

こういった行動の裏には
部下に自分を超えるような人材になってほしいという気持ちがある。

だから全部言わずに自分で気付くのを待ってくれたり、
人生観や考え方を成熟させるヒントをちょっぴりくれるのだ。

全部与えてしまったらその人は育たないから。

そんないい上司の視点や行動をもきちんと自分なりに解釈して
働けるようなそんなシャープな部下になりたいなぁ。

と思わされた一冊。

さあ、これから就活スタートな学生はコレも是非読むべし。
4569576605上司の哲学―部下に信頼される20の要諦
江口 克彦

PHP研究所 2001-11
売り上げランキング : 7,994
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
【編集】 |  16:27 |  院生時代の名残 ビジネス  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。