スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

PLUTO

2005.07.10 (Sun)
ロボット好きならコレを読め!!(半強制)(笑

PLUTO (1)
浦沢 直樹 手塚 治虫

4091874312
小学館 2004-09-30
売り上げランキング : 924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



コレ、実は単なるアニメじゃ無いです。
奥のふかーいコミックです。

ロボット好きの自分としては今日はちょっと熱く語ります。

【More・・・】

あの浦沢直樹手塚治『鉄腕アトム』
「地上最大のロボット」というエピソードをリメイクしたもの。

このコラボレーションも凄いけど、
浦沢調な物語展開もまた面白い。

でも自分がこのコミックを買ったのには
凄く面白そうだからと思った意外にも理由があって

それはね、


未来のロボットの在り方について


思いっきり考えてみたかったんですよ。


今、日本はロボット研究が非常に進んでいて
万博のロボット展なんかもとっても盛況。
世界中でココまでロボットに対する情熱が熱い国は他にはないと思う。

もちろんそれは欧米とかキリスト教圏では
人型ロボットに対して違和感が若干あるからかもしれないけれど。

確かキリスト教では人を創れるのは神様だけだから、
人間が人型の生命体を生み出すのには
違和感があるっていう話を聞いたことがある。

そんなロボット熱むんむんの日本ではアトムのようなロボットを
作り出すことばかりに気を取られてしまっている気がする。
まぁ研究者はそれが当然なんだけど
他の自分のような一般人もそればかり気にしてしまって

全くロボットと人間の共存というテーマについて

考えていないケースが非常に多い。

例えばロボットが罪を犯した場合は誰が責任を取るのか?
また同じ製造タイプのものも処理する必要があるか?
とか
ロボットが自己繁殖したらどうするか?
とかね。


ちょっと面白いなと思ったのはAIBOを買った人は

飼い主ではなくオーナーと呼ばれるそうな。

ロボットは所有物扱いなのかな?
うーん、難しい。

そういったロボットの権利や法規制なんか
これから必要になるんじゃないかなって思っている。


企業が比較的小さなペットロボットは販売できても
大々的にでっかいロボットを売り出せないのは
こういった規制や制度が整っていないのがひとつの要因らしい。

近未来のイメージがその通りに実現されつつある一方で
今を生きる研究者に必要とされるのは

道徳や倫理といった

理系人間が避けがちな部分なのかもしれない。

と、このコミックを読んで浸ってしまいました。

スポンサーサイト
【編集】 |  00:33 |  院生時代の名残 ひとりごと  | トラックバック(2) | コメント(2) | Top↑

コメント

最近、梅雨らしく雨が降るので、夜になると田んぼから【かえるの合唱】が聞こえてきます。ちょっと、安心(^^)
ロボットと人間の関係は、そのうち、真剣に考えなければならない日がくるでしょうね。
映画【AI】がそうですものね。親だと思って信頼しきってるロボットに対し、親の人間も愛情をもって接して行かなければ、悲劇が起こるのは当然ですね。ハード面とソフト面、両方のバランスを保ちながら研究は進めて行くべきなんでしょうね。
道子 |  2005.07.11(月) 00:10 | URL | 【コメント編集】
この問題はなかなか難しいですよね。

でも何よりも凄いのは
今でさえこの状態なのに
手塚治は生前からこうなるって見越して
漫画を書いてたことじゃないかななんて
思っちゃったりもします。
HAL |  2005.07.11(月) 01:53 | URL | 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ご存知天才・手塚治虫の鉄腕アトムの有名なエピソード「地上最大のロボット」をモチーフにした、同じく天才・浦沢直樹の作品。原作では確か10万馬力のアトムを100万馬力だかなんだかに改造したりする話もあった気がする。浦沢直樹には「MASTERキートン」と
2005/07/10(日) 02:17:57 | 愛と妄想の日々。
ネタバレあります。ちなみに1巻の時のレビューはこちら。
2005/07/10(日) 02:18:04 | 愛と妄想の日々。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。