スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

英作文するときの主語の選び方

2005.06.15 (Wed)
英文書くときの主語を何にするかの選択って難しいかもしれない。

と、昨日英文のレポート書いててひしひしと痛感。

例えば日記や随筆、TOEFLのライティングといった
単純に自分の思うがままに書き綴る英作文では"I"を乱用できるけど

何かの分析結果とかって何使えばいいのだろうか?

"I"を使うか"We"を使うか?それとも無生物でいくか?

【More・・・】

昨日書いていたレポートってのは、どんなものかというと

ある企業について事業内容や財務、市場やR&Dとかを分析して、
その企業はどんな企業で、将来性はどうなのかといった内容を
投資家に説明するための企業分析報告書を作れ。というもの。


そんな時は"I think ..."なんてまず使えない。

主語に"I"を使うとその文が主観的なものになってしまうから。

つまり客観的に分析した結果を英語で表現するときには

"I"は極力避けることになる。


そうすると無生物主語やWeが候補として上がるわけです。

無生物はOKなんだけど"We"ってのが曲者。


例えば数学や工学系の内容のテキストでは
筆者と読者が共に学んでいるという意識があるせいか、
"We will show the next theorem with ..."といった感じの文が多い。


一方、論文ではWeは複数の著者たちのことを指す場合が多い。
"Our research shows ...."といった感じ。


では、自分が書いた文はどうなるか?
著者は自分ひとり。
分析対象の企業には属していないので、Our companyとは言えないし…。


結論。

投資家と自分が同等の立場から企業を分析し、評価しているものと仮定する。
 →この二人を指す場合WEを使用。

正しいかどうかは分からないけど
こう思い込んで書き上げました。

悩みすぎたら締め切り間に合わなかったからね。仕方ない。


英作文って難しいなー。

というか、

久しく英文書いてなかったからライティング能力が超DOWNしてた。

ショック(TσT)


スポンサーサイト
【編集】 |  01:41 |  英語  | トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑

コメント

こんばんわ~。
いつも旬な話題で関心します。

わたしも、WeとIには痛い思い出があります。とくにIは禁句ですよね。人によっては、Weすら使わないみたいですね。世代によってかなり違う感じがします。その人はどうしても使うならThe authorを使うみたいですよ・・・。苦しい。

わたしは、パラグラフの先頭でなければ、weは2回までなら使用してもいいルール使ってますw。苦しい?
panda |  2005.06.15(水) 03:11 | URL | 【コメント編集】
主語を使わず、受け身にするとか・・・
It seems that.... とか・・・
It can be said that...とか・・・

The next theorem will(may / can) be shown....

After analyzing the company's business contents and present financial conditions, marketing research and other R & D, it seems that the company has great possibilities in the future.

とか・・・でも、上の英文が正しいかどうかは、怪しいので、「よほど英作が好きなんだな」とでも、思ってください。
道子はどうも、お節介焼きですみません。
道子 |  2005.06.15(水) 09:52 | URL | 【コメント編集】
in the future を for the future に直そうと思ったんですが、[編集]して[送信]しても、だめなのね。[削除]もできないから、コメントって、結構、責任持たないとね・・・
道子 |  2005.06.15(水) 10:29 | URL | 【コメント編集】
どうもー。

pandaさん>
The authorは初耳です。でも使いこなせたらカッコいいなー。
ビジネスの場でのスピーキングだったらWeって結構いい意味で使えるってのは知ってるんだけど、作文となるとどうなんだろ?自分も極力Weを使うの避けましたけど。難しいですねぇ。

道子さん>
アドバイスありがとうございます。"It can be said that..." とか受動態は使えそうですね。そういや論文系は受動態多いなー。
とりあえずレポートでは
"The product enables end users to..."や
"The new strategy allows the company to..."といった文章でごまかしてました。
うーん、客観的に文章を書くのって奥が深いです。

P.S.
コメント修正しないでガンガン新しく投稿しちゃって下さいな。コメント大歓迎ですw。
HAL |  2005.06.15(水) 18:05 | URL | 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。