スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

やりたいことをするための時間を作る方法

2005.05.20 (Fri)
何だか毎日が忙しくてやりたいことをする時間が無い。
何故いつも先延ばしにしてしまって出来ないのだろう?

その理由と解決策を求めて、
自分の今の生活の時間の使い方を振り返りつつ
マインドマッピングしてみたら、

なんと

やりたいことをするための時間を作る方法が分かったのです。


【More・・・】

と言っても自分のためだけの解決策だから万人向けではないけどね。
でも、だらけちゃって時間が無い人には確実に当てはまらないけど
基本的に仕事や学業などの本業を重視して頑張っている人には
結構当てはまるかもしれない。

それは何かって一言で言うと

「全部、頑張らなければいい」

ただそれだけ。


もちろんコレは怠けろって意味ではなくて、
全部を頑張りすぎるなってこと。

今までの自分はやらなきゃいけないことを
全てフルパワーできっちりとやろうとしてたから、
クタクタになっちゃって他のことに手が回ってなかったということ。

だから常に全力投球じゃなくて、
その60%くらいの力でも十分なんだって
思えばいいわけ。


この考えの根拠をくれたのは誰かのブログなんだけど、
……誰のだか忘れてしまった。(書いた人すんません。)

で、どんなことを言ってたかというと

1週間のうち100%の力全部で頑張れるのが3日だとしたら
  100%×3日間=300
に対して

60%の力で1週間頑張れれば
  60%×7日間=420
となって、週の前半頑張りすぎて途中でバテてしまうより
よっぽど力が発揮できるんだよ。


ってな感じのことだった。


「常に6割くらいで。」なんてよく一般的に言われてることだし、
知ってるよ、んなこと。みたいに言われるかもしれないけど
自分は今日これを本気で痛感したわけです。

しかもマインドマップを書くことで
自分のやっていたことの情景が次々に浮かんできて
急に何もかも全てがクリアになったのです。

そして凄く気が楽になれました。
やっぱりマインドマップって効果あると痛感。

実際のところ
具体的にやりたいことが分かっていても、
そして、それをやるための準備も整っていても、
時間がないという理由だけでそれができなくて、
それって凄く勿体無い気がしてて。

だから自分の生活がしっかりしてないのではないかと思って
余計にプレッシャーをかけてしまっていたのかもしれないな。


でもこれからは何事にも
もっと肩の力を抜いてゆっくりと、軽い気持ちにならなきゃ。

スポンサーサイト
【編集】 |  00:39 |  院生時代の名残 ひとりごと  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。