スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

読みたい!

2006.05.18 (Thu)
TVとかのニュースを見てたら読みたくなっちゃったよー!!

これ!!↓
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
J. K. ローリング J. K. Rowling 松岡 佑子

静山社 2006-05-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

または
Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)
J.K. Rowling

Bloomsbury 2006-07-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


でも、これらを読む前にしなきゃいけないことがあるのだ…。
スポンサーサイト
【編集】 |  00:51 |  英語  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

参考書

2006.05.15 (Mon)
そろそろがっつり研究再開しなきゃなぁなんて考えて

「いっちょ数学でもやるか」

ってな気分になったので
今の研究で必要となる統計や確率について勉強しようと
思い立って、参考書を探してみました。

でも、ムズいのやだなぁって思って
Amazonでサーチしたら
凄いの見つけました。

コレが売れてる順で第一位でした。
 ↓
マンガでわかる統計学マンガでわかる統計学
高橋 信 トレンドプロ

オーム社 2004-07
売り上げランキング : 1,742
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そして第二位は……
マンガでわかる統計学 回帰分析編マンガでわかる統計学 回帰分析編
高橋 信 井上 いろは トレンドプロ

オーム社 2005-09
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


って、何故にマンガ…。
いわゆる萌え萌え系ですか?
激しい方向転換だなぁ。オーム社どうしたんだ、一体。

でもまあ第一位の方の表紙は学生服の女の子だから
「学校で勉強」ってイメージだし、一応いいとするけど

何故、2位の方の表紙はメイドなんだ!?


数学とメイドに一体どんな関係が・・・!!?

しかも、レビューを見てみると


これがまた好評!!(爆


わかりやすいって言うし、こんなに評価もいいし、、、

買っちゃおうかな。

でも本屋で買う勇気が出ない。
萌え系&数学書の組み合わせは確実に
そっち系の人だって見られちゃうでしょ!!

これにチェックシャツまでついたら

完全にオタクの三種の神器

コンプリートですよ!!

やばぃ、やばすぎるよ…

やはり買うとしたらAmazonになるのか、、、。
うーん。
【編集】 |  00:01 |  院生時代の名残 研究生活  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

「超」○○法

2006.05.10 (Wed)
最近割といいペースでフォトリー継続中のHALです。
GWは意外にも読書とゲーム費やす自分。
軽い引きこもりみたいになってます(笑

さて立て続けに同じ作者の本を読んでみました。
やはり古いながらもベストセラー。
一読の価値は(人によるけど)あるかも。

今日の本はこの2冊。
「超」整理法―情報検索と発想の新システム「超」整理法―情報検索と発想の新システム
野口 悠紀雄

中央公論社 1993-11
売り上げランキング : 61,227
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



続「超」整理法・時間編―タイム・マネジメントの新技法続「超」整理法・時間編―タイム・マネジメントの新技法
野口 悠紀雄

中央公論社 1995-01
売り上げランキング : 76,590

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「超」○○法で有名な野口悠紀雄さんの本。
最近は英語法とかも本が出てるあの人ですYO。

これは初期のやつなので押し出しファイリングについて
書いてある2冊。

「うまく整理しようと思ってもうまく出来ないのは

 規則正しく分類しようとしているから。」


細かく分類なんてしない!

本来棚に動かず収まっている書類を「動かす」ことで
みごとに時間軸を組み込んでいる方法。

スケジューリングのところなんか読んでてもそうだけど
きっとこの人は物事を一つ高い視点から見て
構造的に捉えられる人なのかもしれないという印象を
持ちましたね。

だから、多くの人に読まれる本が書けるのかも。
すごいなぁ。
【編集】 |  15:57 |  フォトリーディング  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。